2010年10月17日

君よ憤怒の河を渉れ

西村寿行の小説は「きみよふんぬのかわをわたれ」だが、映画の題名は「きみよふんどのかわをわたれ」と読むそうな。

おぼろげな記憶によると、この題名をはじめて知ったのは、マカロニほうれん荘の中である。そのときは「ふんぬ」と読んでたような記憶がかすかに・・。
今度ネストで確認しよう。

昔、一部分だけテレビで放映されていたのをみたことがあったけど、全編みたのは今回が初めてだった。

時代を感じさせるストーリー展開ではあるけど、けっこうおもしろかった。

刑事コロンボ 忘れられたスター

エルキュール・ポワロが殺人犯を見逃したことが確か一度だけあったと思いますが、この話も殺人犯を見逃したことになるんだろうな。
妻への夫の思いやりが裏目にでるというなんとも悲しいお話でした。
犯人役はジャネット・リー。

2010年10月12日

東京物語

なんかさびしくなる映画やった。

2010年10月 1日

てっぱん

惰性なのかも知れないけど、ゲゲゲの女房の後も、引き続き朝ドラをみている。あのオープニング、けっこう気にいってます。

おくりびと

やっとみました。いい映画でした。また、忘れた頃にみたいです。

センナ葉